歯根再生入門

歯根再生に興味がある方は必見

歯根再生入門

そもそもなんだろうか

意味

歯根再生、というのは、ある分野では夢のように希望に満ち溢れた言葉なのだが、馴染みがない方には何のことだかわからないだろう。
歯根というのは、読んで字のごとく、歯の根の部分のことだ。
にこっと笑った時に見える歯は、歯冠という部分である。一方、歯根というのは、歯茎の中に埋まっている部分を指す。

というわけで、歯根再生というのは、歯のうち、歯茎の中に埋まっている部分を再生、すなわちなくなってももう一度復活させるという意味だ。

技術

技術

どういうこと? とおもわれるかも知れないが、そのままの意味である。
すなわち、虫歯や歯周病などが原因で歯が抜けた、あるいは抜かざるを得なくなって、失ってしまった場合。その歯は二度と戻ってこない。

人間は、一度しか歯が生え変わらない。乳歯から永久歯に代わってしまったら、一度歯が抜けたところから新しく生えてくるということは、二度とない。
だが、最新技術によって、新しく歯を生やすことができるかもしれない……それが、歯根再生技術なのである。

方法

直近の研究によって、複雑で大きな材料や機材を使わなくても、歯根再生ができることがわかっている。
実は、歯を治療するときには、歯根が重要なのだ。歯は本来顎の骨でしっかり支えられているのですが、入れ歯などでは骨に歯が繋がっていない。
だから、噛む力が出せず、顎が弱っていってしまうのだ。

そこで、インプラントなどの方法が研究されてきたのですが、本人の歯根が使えるのなら、条件としては最高だ。
歯冠のほうは、あんがい、セラミックの作り物などでもなんとかなるものなのだ。

おすすめサイト






What's New

2012/09/28
ホームページリニューアル